ポケットルーターのセキュリティは大丈夫?自分でもできる対策は?

ポケットルーターのセキュリティ

ポケットルーターは、外出や出張中にパソコンや携帯でネットを使う事が多い人にしてみたら重宝する品物ですが、その場合、相応のセキュリティ対策は必須事項となります。

まず、パソコンや携帯とポケットルーター間の通信を他人に傍受される点をチェックしないといけません。

無線でルーターとモバイルのやり取りが行われている場合は、特に注意が必要です。

ポケットルーターで使われている暗号化処理

最近は、この通信には暗号化処理が施されており、以前よりは心配の比重は減っては来ました。

ですが、無線LAN暗号化技術は古い物から、新しい物を含めれば「WEP」と「WPA」と「WPA2」と「WPA3」で合計4つ程あります。

この内のWEPとWPA規格が既に古く、脆弱性も発見されていますのでもしも暗号化処理に使われている事に気付いたならば、即変更を考える事をお勧めします。

今の主流は「WPA2」

現在の主流技術は、WPA2であり、最近の数年前後程度で購入した品物である場合はこれが使われている事がほとんどです。

残念ながら、WPA2も2017年度に脆弱性が発見されていますので、盤石とは行きませんが現在の技術ではその脆弱性を突くには、かなりの予算を投入する必要があります。

その点を勘案すれば、一応WPA2が入っていると言うならば、差ほど心配の必要は無いです。

そして、確実な安全を期したい場合には、WPA3がベストになります。

こっちはWPA2の脆弱性の問題を確実にクリアした最新型ですので、少なくとも現段階までは問題点が無い完璧な品物であると言っても過言ではありません。

SSIDとパスワード設定

ポケットルーター使用において、次に重要なのがSSIDとパスワードの設定です。

自分で出来るセキュリティ対策の第1歩になります。

英数字の文字列で構成された固有のSSIDとパスワードがポケットルーターには添付されていますが、これは使いたいモバイル端末とルーターを繋げる初期設定に必須の物です。

一般的には本体の裏ブタだったり、バッテリーや取扱説明書等に詳細が記入してありますので、探し出して操作すれば起動は簡単に出来ます。

ただし、この時に幾つか注意が必要でSSIDとパスワードは使っているポケットルーターの機種が分かれば初期設定のSSIDとパスワードが簡単に推測出来てしまうリスクがあります。

他にも裏ブタが何かの拍子に誰かに見られてしまう事も珍しくありませんので、初期設定は可及的速やかに変更しておく事をお勧めします。

WiMAXの場合の変更方法

変更方法は、ルーター関係の提供元であるNECのSpeedWi-FiNEXT「クイック設定Web」に飛べば可能です。

手順は、端末をルーターに接続した状態で、ルーターのスイッチをオフにします。

次にhttp://speedwifi-next.homeかhttp://192.168.179.1を端末のURLに記入して検索して、「クイック設定Web」に飛んで下さい。

ここまでの段取が上手く成功したならば、後は「詳細設定TOPへ」の項目を捜索します。

するとユーザー名とパスワードを求められますので要求に従います。

ちなみにこの時に、ユーザー名の所にSSIDを入力してしまうのは良くやってしまう失敗なので注意して下さい。

ユーザー名はadminで、パスワードはルーターの物です。

後は、無線LAN設定を呼び出して、SSIDとパスワードの変更を行います。

この時は画面の指示に従えば、差ほど難しい事はありません。

半角英数字とハイフン・アンダーバーのみ使用可能で32字以内で好きな物を入れるだけです。

勿論、この時に必ずメモを取って内容を覚えておくのは必須事項と言えます。

どうしても分かりやすい物にして、メモ無しでも覚えられる様にしたいと思いがちですが、それではパスワードの意味が無くなってしまいますので、出来るだけ難しい物の方が理想的です。

SSIDとパスワードはルーターの画面でも確認出来ますので、その点も意識しておいて下さい。

そして最後に設定をクリックすれば全ての段取が完了です。

ちなみに、1度この処理をするとそれまで使えていた端末が、変更の影響で一時期的に全て接続が切れる事もしっかり把握しておいて下さい。

ただ、機器のSSIDとパスワードを改めて新しい物を入力すれば元通り使える様にもなりますので、その辺りの段取もしっかり把握しておく必要があります。

未使用時は電源を落としておく

この他には、使用しない時には必ず電源を全てオフにしておく事も自主的に出来るセキュリティとしては必須事項です。

色々万全に準備しても、やはり僅かながらタダ乗りの心配は無線通信を使う以上は付き纏います。

そのリスクを確実にクリアしておくには、必要が無い時にはスイッチを切っておく事が確実な手段になります。

スイッチが入ったままでは、場合によっては被害が遭っても気づくまでに相当の時間が掛かってしまう事があり得ます。

この上でウイルス対策ソフトの導入と、SSIDステルス機能を設定する事、MACアドレスフィルタリングを設定の3つをしっかりクリアしておけば自主的に出来る対策は、申し分ありません。

気になる場合は1つずつ詳細を確認しておく事をお勧めします。

まとめ

ポケットルーラーのセキュリティ対策についてまとめました。

メーカー側もセキュリティが脆弱なものを提供していては売れなくなってしまうため、その時点で主流の暗号化技術を採用しています。

ただし、SSIDやパスワード、本体を直接見られるなど人的被害を防ぐことはできません。

すべて機械任せにしないで自分のセキュリティ意識を向上されることも大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です