5G対応ポケットルーターは何がスゴイ?契約できる機種はある?

5G対応ポケットルーター

次世代の通信規格として、既に実用化が始まっており、日本でも2020年3月から大手携帯電話会社3社で取り扱いが始まったのが5Gと呼ばれる通信規格のサービスです。

新しい通信規格では、今までの通信規格である4Gと比較して圧倒的に高速かつ安定した速度での通信が可能になることもあり、私たちの生活向上やエンターテイメントサービスの充実など様々なサービスの発達が期待されます。

現代ではテレワークやスマートフォンのデータ通信量を節約するためには、データ無制限で高速データ通信ができる4G LTE回線を利用したポケットルーターを利用している人も多いでしょうが、5G対応のポケットルーターに機種変更をすれば具体的にどのようなことが可能になるのでしょうか。

また現時点で契約できる機種はあるのかどうかなどの情報を詳しく解説していきます。

5Gポケットルーターと4Gの違いについて

通信速度

4G LTE通信と比較したときの5G通信のストロングポイントですが、真っ先に挙げられるのが通信速度がより高速で安定している点です。

4G通信では通信速度は最大で1Gbps前後となっていますし、実測値では50Mbps前後となっているケースが多いのに対し、そのおよそ10倍の速度での通信が可能となります。

理論上の最大速度は10Gbps以上になると考えられていますし、実測値も同じく10倍の500Mbps前後になると考えられています。

同時接続台数や電波範囲

加えて同時接続できるデバイスの数や電波が届く範囲も10倍になると考えられるので、4Gと比較すると複数の端末を距離が離れていても接続ができる上、通信速度も圧倒的に高速になっているわけなのです。

高画質のネット動画の視聴や大容量アプリのダウンロードなどが快適に行えるようにできるだけでなく、VR技術を駆使したスポーツ観戦やエンターテイメント体験などが可能になると考えられていますし、一部は試験的に既に開始されています。

また複数のデバイスを同時にインターネットに接続できるようになることから、家中の家電をネットに接続して生活の管理を行ったり複数のウェアラブルデバイスを接続して体調管理を行なうことがより容易なものとなります。

現代の通信規格である4Gではインターネット動画サービスなどが幅広く普及し、ネット動画サービスは既に私たちの生活の一部となっていますが、通信速度などの問題から多くの人が高画質ではなく標準画質で再生やダウンロードなどを行っている実情があります。

新しい通信規格では高画質で再生時間が2時間程度の映画のデータをダウンロードする場合でもわずか数秒で完了するため、より手軽に高画質の動画視聴を楽しめるようになりますし、VRやARなどの技術がより浸透していくことが考えられます。

5G対応ポケットルーターを使うには?

2020年3月の下旬から、大手携帯電話会社3社ではスマートフォン向けの5Gプランの取り扱いを開始しました。

現在はまだ対応エリアが狭いことや、新しい通信規格に対応したスマートフォンが必要であるため、新プランを契約する人は少ないですが、その分基本使用料などが安くなるキャンペーンを行っているので、無理なく次世代の通信規格をお試し利用できます。

KDDI「Speed Wi-Fi 5G X01」(法人限定モデル)

ポケットルーターで5G通信を体験するためには、当然ながら次世代の通信規格に対応した新しい端末が必要となるわけですが、現時点ではシャープが新規格に対応したポケットルーターを販売していて、法人向けではありますが既にサービスは利用可能となっています。

既に販売されているのはSpeed Wi-Fi 5G X01という機種で、auから法人向けのサービス扱いで2020年3月から提供が始まっています。

受診最大速度は4.1Gbpsと4G LTE通信と比較しておよそ4倍程度の速度での通信が可能となっていますし、ポケットルーターでありながら専用のクレードル不要でLANケーブルによる接続に対応しているので、あらゆるビジネスシーンで役立ちます。

地方などの次世代の通信規格の対応エリア外で利用する場合には自動的に4G通信に切り替わるので、全国で安心して利用ができます。

docomo「Wi-Fi STATION SH-52A」

また個人向けのサービスでは、同じくシャープのWi-Fi STATION SH-52Aという機種が2020年5月にドコモから発売されます。

Wi-Fi STATION SH-52Aも下り最大4.1Gbpsの速度での通信に対応していますし、LANケーブルを利用して接続や、USBケーブルを利用した接続にも対応しています。高画質のデータのやり取りも快適に行えるので、テレワークなどが増加して高速で安定した通信ができるポケットルーターを探している人におすすめのサービスと言えます。

WiMAXに5G対応ルーターはない?

ルーターサービスと言えばauの系列会社であるWiMAXなどが有名ですが、現時点ではWiMAXからは具体的なサービスの開始や対応端末などの発表はありません。

しかしWiMAXとつながりの深いHUAWEIが既に日本以外の国で対応端末を発表していることなどを踏まえると、近い将来何かしらの発表があると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です