海外で使えるポケットルーターのおすすめは?

普段からスマートフォンやパソコンなどを利用していると、通信料が気になってしまうことがあります。

パソコンの場合には基本的には自宅などの場所で無線lanなどを使いますが、スマートフォンでは屋外で使う場合には通信量が気になる物です。容量を使い切ってしまえば速度が遅くなるため、快適に使用することができません。

そのためポケットルーターを利用して、できるだけ安定して高速通信しようとすることも多いです。

国内で使う分には問題ありませんが、外国などに旅行や出張などで行ったときは、使えるかどうか不安になります。また使えたとしても安定して使えるかどうか、その点もしっかりと把握しておきたいものです。

安定して使えることで海外でも安心してインターネット通信を行うことができるため、調べ物なども気軽に行うことができます。

海外で使う際にはどういったものに注意すればいいかなど、考えることも多いためそこも把握しておきましょう。

海外向けポケットルーターの選び方

電池持ちはどうか?

まず選び方として大事な点ですが、電池持ちが良いものを選ぶことが大切です。

常にホテルなどにいるのであればいつでも充電することはできますが、旅行や仕事では外出している時間も多いものです。そのため電池がすぐになくなってしまうと、頻繁に充電しなければいけず都合よく充電できる場所があるとは限りません。

このようなことから電池持ちがいいことは非常に重要であり、安心して使うためには必要です。

LTEに対応しているか?

そしてLTEに対応しているかどうかも、快適にインターネット通信をする上では重要です。

通信速度が遅いと調べ物をする際もストレスになることもありますが、高速で通信できるのであれば快適に使用することができます。速度が速いということは調べ物もすぐに済ませることができ、余った時間を他のことに回すことができます。

外国に行く際には帰りの日程などもあるため、時間が十分にあるとはいえません。少しでも時間を有効に使うためにも、LTE通信ができるポケットルーターはおすすめです。

何台まで接続できるか?

また何台まで対応しているかも、押さえておきたいポイントです。

海外に行く際には自分一人で行くのか、それとも仲間内で複数人で行くのかによってポケットルーターの選び方は違います。一人で行くのであればせいぜい2台くらいの端末が使えればいいですが、複数人で行くのであれば人数分の端末が使えるかも大事です。

大勢で行く場合には何台もルーターを持っていくと、トラブルの原因にもなりかねません。台数を少なくすることで、それぞれの荷物も少なくすることが可能なので利用数も確認しておきましょう。

おすすめのポケットルーター

ZMI Battery Wi-Fi MF855

Battery Wi-Fi MF855

これらを踏まえておすすめなものの一つがZMIのBattery Wi-Fi MF855で、7800mAh大容量バッテリー搭載モデルです。

5種類の通信方式に対応しており、海外でも使用できるSIMフリーモバイルルーターになります。

最大で8台までの端末を接続できるので、8人くらいまでの人数で使いたい時におすすめです。

バッテリー容量が7800mAhもあるので屋外での長時間使用でも安心して利用することができ、スマートフォンの充電が切れそうなときにモバイルバッテリーとしても使うことができます。

そのため一人で行くにも複数人で行く場合でも、安心して利用できる製品です。

付属のUSBケーブルを使えば、もう一台繋ぐことができ合計9台利用できるメリットもあります。

ネットギアのAirCardAC785

ネットギアのAirCardAC785

ネットギアのAirCardAC785は、最大15台接続することができ大人数で利用したい時におすすめです。

NTTドコモ系のmicroSIMカードが使える海外利用可能なモデルで、3種類のバンドに対応しています。

連続通信時間は約10時間で連続待機時間は約300時間と長時間の利用に耐えるので、充電ができない環境でも安心して使えます。

これほど十分な機能があっても大きさはスタイリッシュでコンパクトなので、カバンに入れておくだけでなくポケットに入れておいても邪魔になりません。

しかし外国で利用する場合にはポケットに入れている場合は、落としたりなくしたりしないようにする必要があります。

ファーウェイのE5383s

ファーウェイ E5383s

ファーウェイのE5383sも、コンパクトながら2.4インチのタッチスクリーンを採用しており便利です。

QRコードを使用して簡単にペアリングできる点も、複数人で利用する際には便利でおすすめです。

小さくバッテリー容量も3000mAhとそこまで大きくはありませんが、連続通信時間約13時間に連続待受時間1200時間と十分な稼働時間があります。

これにより充電できない時間が長くても安心できることも、外国に行く際にはうれしいポイントです。

同時接続台数も10台と余裕があり、無線lan規格も11ac対応とストレスなく使えます。

このように海外で利用できるポケットルーターには押さえておきたいポイントがあるので、購入する際にはしっかりと確認しておくことが重要です。

これら以外にもおすすめのものは多くあるので、比較検討を行い自分に最適なものを見つけるようにしましょう。

 

コメントは受け付けていません。