ポケットルーターのメリットとデメリット

持ち運びできるので外でも室内でもインターネットが使える便利機器、ポケットルーターのメリットとデメリットを紹介していきます。

ポケットルーターのメリットは?

外で使える

ポケットルーターのメリットとしてまず挙げられるのは持ち運びが可能なので外出先でもインターネットを繋げる事が可能という事で、そもそもポケットルーターにする目的として挙げられがちなのは外出先でも自由にインターネットを楽しみたいからという理由が多く、最大のメリットと言っても良いかもしれません。

最近では携帯電話の回線が発達しているという事もありルーターが無くてもスマートフォンでそのままインターネットを楽しむ事も出来ますが、スマートフォンの通信容量には限りがあります。

もちろん昔に比べますとスマートフォンの通信容量というのは増えてきましたがそれでも画像がたくさん掲載されているサイトや動画サイトをたくさん閲覧してしまうとすぐに通信容量が無くなりますので、外出先で動画サイトなどを楽しみたい時に特に便利です。

料金が安い

他のメリットとしては光回線よりも月額料金が安い事が多く、もちろん外出先だけでは無く自宅用としても使えますので外出先と自宅先で両方使える事を考えたらお得と考えられます。

また光回線だとプロバイダ料金込みで月6000円程度はかかってしまう事が多いですが、ポケットルーターの場合例え月額無制限プランであったとしても大体月4000円の支払いで利用する事が可能です。

工事がない

そして光回線と違って回線工事が不要ですので申し込みから利用開始までの期間が早く、回線工事が待てない、すぐにインターネットをしたいという人にでしたら断然ポケットルーターの方が良いです。

設定が簡単

インターネットを利用する際の設定というのも簡単ですので初心者でも悩む要素がほとんどなく、簡単に扱いやすいというのもポイントとなります。

セキュリティが高い

また最近では公衆無線LANというのも増えていますので外出先用にわざわざルーターを用意する必要は無いのではと考える人もいるかもしれませんが、公衆無線LANの場合セキュリティ面で不安があります。

というのも公衆無線LANは不特定多数の人が利用するものですので、悪意を持って利用する人の可能性も考えられ、悪意を持った人達によって個人情報が流出したり通信内容が盗聴されるという可能性もあるんです。

ポケットルーターの利用してのインターネット接続の場合でしたら個人情報の流出の危険性はありませんし、ルーターは一人一台ですのでパスワードを教えない限りは不特定多数が自分のルーターに誰かがアクセスするという事も無く、セキュリティ面という部分から見ても安全です。

ポケットルーターのデメリット

速度が安定しない

一方でデメリットもありまして、その中でも利用するうえで一番影響が大きいものとして光回線のような固定回線に比べると通信速度が安定せず遅くなってしまう事があるという点になります。

電波環境の良い場所でしたら光回線と変わりない感覚の速度で利用出来るのですが、厚い壁に覆われている場所やビルがたくさんある場所だと極端に回線速度が落ちてしまいますので、安定性を求める際にはお勧めできません。

バッテリー切れの恐れ

また充電が無いと使えないというのもデメリットで、自宅での利用の際にはコンセントで刺しっぱなしで利用すれば問題ないですが、外出先の場合充電を忘れてしまうとスマートフォンはあるのにルーターを使ってインターネットを利用する事が出来ないという事になってしまいます。

もちろん端末によってバッテリーの持ちが良い端末と悪い端末がありますので、長く使い続けたい際には出来るだけバッテリーの良い端末を選ぶ事でこのデメリットはある程度解消されます。

 

このようにメリットもあればデメリットもありますが、デメリットがあるという事を考えたとしても自宅と外出先の両方で快適なインターネット環境を作る際に使えますのでポケットルーターは良いです。

コメントは受け付けていません。