ポケットルーターを有線接続で使うには?

ポケットルーターは持ち運びやすく、自宅のWi-Fiが使えない環境でもWi-Fiが使えたり、出張や旅行先などで固定回線しかないホテルや旅館などでも、PCやスマートフォンなどインターネットを利用できる電子機器がインターネットに接続できると便利なもの。

ですがWi-Fiに対応していない電子機器でインターネットを利用したい時の方法の一つとして、有線接続というものがあります。

今回はそのポケットルーターの有線接続する方法について紹介します。

ポケットルーターを有線接続で使うには?

接続方法として、

  • クレードルに搭載されているLANポートを使用して接続する方法
  • USBケーブルを使って電子機器と直接接続する方法

があります。

クレードルを利用して有線接続する

クレードルとは無線が対応していないPCや、古い型のデスクトップなど無線が使えない電子機器に対して有線ケーブルをつなげることによりWi-Fiを使うことができたり、ポケットルーターの充電ができるスタンドのこと。

ポケットルーターを充電したままおけるので失くしやすい人や、充電をよく忘れる人に大変便利です。またWIMAXはクレードルに対応しているモバイルWi-Fiもあり、固定回線の代わりに使いたい人は、セットになっているモバイルWi-Fiを購入することができるのでとても便利です。

クレードルがセットになっていないモバイルWi-Fiを購入してしまった人でも、別途のLANポートが搭載されているクレードルを購入することによって有線LANで接続してインターネットに接続できます。

またワイモバイルはWIMAXとは違い対応している機種がありません。

もしワイモバイルのモバイルWi-Fiを使ってインターネットに接続したい場合、無線LANへの接続機能を追加できるアダプタなどを別途に購入することになります。

しかし接続状況は無線の状態になりますので、回線速度は有線接続よりも弱くなってしまうのが弱点ですね。

クレードルにLANポートが搭載されていれば、使いたい電子機器をLANケーブルで接続することによって、インターネットに接続が可能になります。

USBケーブルで有線接続する

次にUSBケーブルを使って接続する方法を紹介します。

接続したい電子機器にUSBポートが搭載されているなら、ポケットルーターをUSBケーブルで直接電子機器に接続すると、インターネットに接続が可能です。

ただし充電専用のUSBケーブルなどデータ通信に対応していないUSBケーブルの場合、ポケットルーターに接続してもインターネットに接続することができないので注意してください。

使用する際や購入する際などは、「通信用」と明記されているものを使用するようにしてください。

有線接続のメリット

最後にモバイルWi-Fiを有線接続することで得られる利点について紹介します。前述の通り、無線非対応の電子機器がさまざまな場所でインターネットに接続が可能になることが1番の利点です。

また無線通信は遮断物があったり電波が干渉したりする場合、通信が安定しにくいなどのデメリットがありますが、通信の安定性はもちろんのこと、回線速度も無線通信よりも断然速いです。動画を視聴したい人やオンラインゲームをしたい方はこちらをお勧めします。

無線通信と併用する方はインターネットに接続できなくなったなどの問題が発生したときに、無線通信に問題があるのかそれとも回線や経緯役内容に問題があるのかなど、問題の原因を見つけやすいです。なので毎日インターネット接続が生活や仕事に欠かせない方は併用をお勧めします。

モバイルWi-Fiの端末情報を確認の上接続可能な方法で接続することにより、無線非対応電子機器にインターネット接続が可能になります。必要な周辺機器はAmazonなどのインターネットでも購入できるので、まずはご自分の状況を調べて見てください。

コメントは受け付けていません。