SIMフリーポケットルーターのすべて

屋外でwifi仕様のタブレットやノートパソコンをインターネットに接続する際に必須ともいえるツールがポケットルーターです。

ポケットルーターは大手携帯キャリアと契約して利用するのもよいのですが、ランニングコストの安さや自分に使途にぴったりとあった最適なプランで利用したいと考えるのであれば、SIMフリーのポケットルーターに格安SIMを入れて利用するのがおすすめです。

SIMフリーポケットルーターはどこで買う?

SIMフリーのポケットルーターはアマゾンなどのインターネット通販やヨドバシカメラなどの大手家電量販店で端末を単体で購入することができますし、MVNOから格安SIMとセットで購入することもできます。

より自由度の高いのは前者の方ですが、初めてSIMフリーの端末を利用するという場合やSIMカードの初期セットアップなどに不安がある場合にはMVNOからセット端末を購入すると良いでしょう。

料金は?

気になる料金体系についてですが、ルーターの端末代金を別とすると、ポケットルーターでの利用に適したデータ通信専用のSIMを単体で契約する場合、毎月利用できるデータ通信量が3GBで料金は月額税込み972円というプランが最もベーシックなプランとなっています。

同じ料金体系でもOCNモバイルONEというMVNOの場合、利用できるデータ通信量が1ヶ月あたりではなく1日単位というプラン体系となっています。1日あたり110MBまで高速データ通信ができて月額税込み972円となっているので、毎日コンスタントにポケットルーターを利用するという場合にはOCNモバイルONEのようにデータ通信量が日次で設定されているあるMVNOを選ぶのがおすすめです。

無制限で使えるMVNOもあり

なおデータ通信量の残量を気にせずに利用したいという人におすすめなのが、UQモバイルのデータ無制限プランの利用です。

このプランは通信速度こそ受信最大500kbpsの速度ではありますが、データ容量の制限がないため、残りのデータ通信量を気にせずに利用できるという利点があります。こちらは月額1,980円+税の料金で利用できるので、ヘビーユーザーにおすすめです。

おすすめのSIMフリーポケットルーター

またルーター端末はどの端末を利用するのかというのも大きな問題ではありますが、最も購入がしやすくまた使い勝手が良い機種としておすすめなのが、NEC製のルーターであるAterm MR04LNというルーターになります。

Aterm MR04LNは多くのMVNOが格安SIMとセットで販売しているルーターですし、ドコモ回線を利用した格安SIMでもau回線を利用した格安SIMでも利用できるという特徴があります。

加えてLTE国際ローミングに対応していますし、同時に2枚のSIMカードをさして切り替えての利用が可能なので、海外出張や海外旅行などのときにも便利に利用できます。

バッテリー機能付きのポケットルーターもあり

スマートフォンやタブレット等のバッテリー切れなどに悩むことが多いという人におすすめなのが、Battery Wi-FiというSIMフリールーターです。

Battery Wi-FiはPocket WiFiとして利用できることに加えて、7800mAhと大容量バッテリーを搭載している点、そしてUSBポートからスマートフォンへ電源供給ができる点に大きな特徴があります。

Battery Wi-FiはPocket WiFiとしての役割に加えてモバイルバッテリーとしての役割も果たせる2 in 1のルーターなので、常にモバイルバッテリーを携帯していて持ち運ぶ機器を減らしたいという人に特に利用をおすすめします。

 

また格安SIMではSIMフリーのルーターが利用できるのはもちろん、ドコモ回線を利用しているSIMであれば基本的にドコモのルーターをそのまま流用できるので、ドコモのルーターを持っている人であれば流用することで初期費用を抑えることができます。

コメントは受け付けていません。